「IPアドレスから個人を特定しました」は本当?

架空請求は、とにかく相手にしないことが重要ってのは、前項で話した通りなのだが、アダルトサイトでの架空請求でよくある、高額請求+「IPアドレスから個人を特定しました」ってのは、なんかわかってても怖いものがあると思うので、ここではそのあたりの話も交え、前項の無料という餌を使った詐欺師の手口&その対処法を少し補足しようと思う。

IPアドレスから個人情報を特定できるのか?

これは、結論から言うとイエスだ。
ただ、架空請求をやってる詐欺師におびえる必要があるかっていうと全然なくて、その理由は簡単、詐欺師にIPアドレスの特定は無理だからだ。
なぜかって言うと、IPアドレスからの個人の特定には、プロバイダのログの参照が必要であり、まともなプロバイダであれば、いち個人の要請レベルで、どのIPアドレスがどの個人の利用してるものであるかっていうのを開示するってことはまずありえないからだ!

どのIPアドレスを誰が使っているかは、利用者のプロバイダのログから特定可能
一般人が問合せしても、プロバイダはどの個人であるかを部外者にもらすことはまずない
※警察からの要請があった場合にはプロバイダも情報を開示するので、インターネットで犯罪をしておいて「バラされないから大丈夫」とは思わないように
出典:http://ihoudownload.chosakuken-kouza.com/q/q8.html

つまり、よく、某掲示板とかで見かける、「お前のIPアドレスから、住所や名前、電話番号はわかったぞ」ってのは真っ赤な嘘であり、いち個人レベルでは、IPアドレスから個人の特定は不可能なわけだ!
なので、架空請求の「IPアドレスから個人を特定しました」には全くおびえる必要はないし、「バカじゃねーの?おめーにわかるわけねーじゃん!」くらいの感じで無視してやると良いだろう。

警察からの要請で開示するってのは、近年よくある例で言えば、大きなビルに爆弾を仕掛けるって言ってみたり、大物芸能人傷付けるっていう予告をしてみたりっていう、「ちょっと笑えないいたずら」というか、警察も動かざるを得ないような事件の例の事だぜ。
まぁ、おだっちのサイトを見に来てるYOUは賢いから、そんな馬鹿なことはしないと思うけど、違法ダウンロードについては注意するよう念を押しておくぜ。

この犯罪は、逮捕される前に知っておくべき動画の著作権の話でも触れてるように、まだ逮捕例がほとんどないにしても、警察が本気出してプロバイダーに個人情報の開示を要請した場合、逮捕できちゃうってことにもなるだろうし、おだっちの予想としては、今後違法ダウンロードに関する罰則や取り締まりは強化されるんじゃないかって、個人的に思ってるから、もしYOUがそういうことをやってるなら今日限りでやめ、合法な無料動画や合法かつハイクオリティーな有料動画を視聴することを強くお勧めするぞ!

>次 絶対入会しちゃいけない危険なアダルトサイト一覧を読む<

>入会前の不安解消TOPへ<